English    Site Map
トップページ レジュビについて レジュビ製品のご案内 レジュビのプロフェッショナルトリートメント よくあるご質問
トップページスキンケアコラム > ニキビのメカニズム

レジュビの配合成分データ
お肌の悩みに応えるスキンケアコラム
肌タイプ別のおすすめスキンケアステップ

 クレンジング
 モイスチャライジング 
 エイジングケア
 アクネケア
 ブライトアップ
 アイケア
 アディショナルケア

お問合せ・ご質問はこちらから
ニキビの第一の原因は皮脂の過剰な分泌です。ビタミンB2やビタミンB6は皮脂の分泌量をコントロールする働きがあり、不足すると皮脂過剰を促すため、食生活の乱れには注意が必要です。
一般に女性よりも男性のほうが皮脂分泌は活発と言われ、ホルモンバランスも皮脂分泌に関わりがあります。特に「アンドロゲン」に代表される男性ホルモンは皮脂過剰に大きく影響します。アンドロゲンは皮脂腺の発達や皮脂の合成に深く関与している物質で、アンドロゲンの分泌が活発になると皮脂の分泌量が増加します。女性もアンドロゲンを持っており、ホルモンバランスの乱れによってアンドロゲンの分泌が促進されるとニキビが悪化するのです。
ニキビを引き起こすもうひとつの原因が毛穴の詰まりです。これは角質の肥厚化が原因で起こります。紫外線を浴びると、肌の奥に入れないよう防御作用が働くため、角層が肥厚して毛穴を狭めてしまいます。また、ビタミンA不足も肥厚化を招きます。ビタミンAは皮膚の代謝活動に影響する栄養素で、不足すると毛穴周辺の角層が肥厚化し、皮脂が溜まりやすくなります。

ニキビは皮膚疾患の一つで、医学的には座瘡(ざそう)といいます。毛穴が汚れや代謝による老廃物で塞がれ、そこに雑菌が繁殖して炎症を起こすことで形成されます。
「コメド」と呼ばれるニキビのシンのこと。分泌過剰になった皮脂と古い角質とが混ざりあって形成され、毛穴を詰まらせる主要な原因となります。
毛穴がふさがり出口をなくした皮脂は表皮の下で溜まっていきます。その皮脂が盛り上がり、表皮からその頭が白くポツンと見える状態を指します。
詰まった皮脂が毛穴を押し広げ、皮脂が空気に触れて酸化し、黒く見える状態を指します。
肌にはニキビの原因となる細菌(アクネ菌)が住みついており、毛穴が塞がると活性化し、皮脂を栄養源として異常増殖し、このアクネ菌が皮脂を分解して刺激性物質を生産します。これが刺激となって炎症が起こり、皮膚が赤く腫れあがった状態を指します。
ニキビ桿菌やブドウ球菌などが増殖して膿みがでます。炎症が進行すると毛穴周囲の組織が破壊されてダメージが真皮まで 及んでしまい、くぼみが残ったり肉が盛りあがったりします。
ニキビ症状が悪化してしまい、ニキビが治っても凸凹が残ったり、色素沈着してしまう状態を指します。

洗顔料は低刺激性をお薦めします。スクラブ洗顔剤や消炎剤などの刺激物質を含んだ製品の使用はお避け下さい。
「洗顔料」→「化粧水」→「美容液」の順番で、やさしく汚れを落とし充分な水分を補給するというシンプルなケアが基本です。化粧水は顔全体にたっぷりスプレーするか、コットンにたっぷり浸して肌にまんべんなくパッティングします。ニキビやニキビ跡が気になる場合は、ビタミンC誘導体含有の美容液を使用すると効果的です。
ニキビは過剰な皮脂分泌や、角質が肥厚して皮脂が通れなくなることによって生じます。ケミカルピーリングによって角質の一部を取り除くことによって、角質肥厚が改善され、にきびが目立たなくなります。ケミカルピーリングでフルーツ酸が角栓を溶かしニキビ菌の繁殖を抑えます。早い場合、1〜2回の施術で効果が期待できます。美容外科・エステサロンでの施術回数は5〜6回で1クールとなる場合が多いようです(1〜2ヶ月に1回)

このページのトップへ
お問合せ サイトポリシー プライバシーポリシー 会社案内