English    Site Map
トップページ レジュビについて レジュビ製品のご案内 レジュビのプロフェッショナルトリートメント よくあるご質問
トップページスキンケアコラム > ビタミンCとビタミンA

レジュビの配合成分データ
お肌の悩みに応えるスキンケアコラム
肌タイプ別のおすすめスキンケアステップ

 クレンジング
 モイスチャライジング 
 エイジングケア
 アクネケア
 ブライトアップ
 アイケア
 アディショナルケア

お問合せ・ご質問はこちらから
表皮は、紫外線にさらされると、肌内部を守るために厚くなり、メラニンを生成してシミの原因になります。紫外線を浴びると肌の表皮細胞で「エンドセリン」という伝達物質が作られ、これがメラニン生成の司令をメラノサイトに伝達します。するとメラノサイトでは「チロシナーゼ」という酵素が活性化し、メラニン色素が作り出されます。ビタミンCはメラニンを作るチロシナーゼ活性を抑制し、メラニンを作らせないように働きかけます。
メラニンは酸化過程を経て濃色化しますが、ビタミンCはメラニンの濃色化を阻害し、濃色化してしまったメラニンを還元し、淡色化する働きがあります。この働きは「還元作用」といわれます。
肌荒れやシワ、たるみは真皮の機能低下が原因です。ビタミンCは、肌の弾力を保つ細胞であるコラーゲン、エラスチンを増やし、シワを根本から改善し、ハリのある、みずみずしい肌にします。同時にコラーゲン分解に働く酵素の産生を抑制するため、コラーゲンの減少を防ぐことで皮膚にハリをもたらし、シワやたるみを予防します。また、ビタミンCは、真皮の代謝を高め、新しい肌細胞を再生するターンオーバーを促進し、厚くなった角質を薄くして肌をなめらかにします。
ニキビの原因はアクネ菌によって起こる炎症です。ここでも紫外線が影響してアクネ菌を活発化してしまい、活性酸素によって皮脂は過酸化脂質に変化して刺激されてしまいます。ビタミンCがニキビに効果的といわれるのは、活性酸素を消去して、活性酸素がひきおこす炎症を抑えるためです。また、皮膚内部でコラーゲンの合成、つまり皮膚の再生を促進するので、ニキビあとや毛穴の開きに効果的です。
ビタミンCは、とても酸化しやすい物質です。メラニンの産生抑制やコラーゲン合成促進、抗酸化作用などの優れた機能を持っていますが、熱や酸化に対してきわめて弱く、角質を通り抜けにくいため、(肌深部への効果が少ないことから)そのまま使うのは困難であるとされてきました。そこで、ビタミンC(L-アスコルビン酸)とリン酸マグネシウム等を結合させて酸化を防ぐ方法が考え出されました。このビタミンCを安定させるリン酸マグネシウム等のことを一般にビタミンC誘導体と呼びます。つまり、ビタミンC誘導体はビタミンCそのものではなく、ビタミンCの分子に少し手を加え安定性等の性質を改善し、角質層を通過しやすい形にしたものです。角質層を通過したビタミンC誘導体は、体内の酵素によりビタミンCへ変化し、お肌の内部に浸透します。

ビタミンAは、人間が体内で作ることができない、しかし生きていくために欠かせない栄養素のひとつです。のどや鼻など、体の粘膜を強くして、体内にウイルスが侵入するのを防ぐなど、免疫系を強化し、外界から体に入ってこようとするものから体を守る働きがあります。化粧品には、刺激の少ないレチノールが広く使用されています。
肌や粘膜のキメを保ち、表皮細胞を整えて、みずみずしさやうるおいを保ちます。ビタミンA が不足すると、皮膚細胞の角質化不全が起こり、乾燥肌に傾きます。また、皮膚細胞の抵抗力が弱まり細菌感染を起こしやすくなり、ニキビなどの原因にもなります。
表皮細胞の再生や、線維芽細胞を活性化させる働きがあります。すぐれた抗酸化作用もあり、シワ、たるみ、シミ、くすみ、乾燥など、多くの肌トラブルを防ぎます。

このページのトップへ
お問合せ サイトポリシー プライバシーポリシー 会社案内