English    Site Map
トップページ レジュビについて レジュビ製品のご案内 レジュビのプロフェッショナルトリートメント よくあるご質問
トップページ > 成分データ

レジュビの配合成分データ
お肌の悩みに応えるスキンケアコラム
肌タイプ別のおすすめスキンケアステップ

 クレンジング
 モイスチャライジング 
 エイジングケア
 アクネケア
 ブライトアップ
 アイケア
 アディショナルケア

お問合せ・ご質問はこちらから
レジュビ・ラボラトリーは、AHA複合成分の研究分野におけるバイオニア的な研究所です。その研究成果が、肌の負担を抑えながら優れた効果を最大限に発揮させるスキンケアラインを誕生させました。また、生命力あふれた植物性成分や東洋美に使われる伝統的なエッセンス、人体に必要不可欠な天然ミネラルやエキスなどをふんだんに採り入れることで、様々な肌質のバランスに対応する効果的なアプローチを可能とし、肌を奥底に眠る肌本来の性質に回帰させます。
あ 行 か 行 さ 行 た 行
な 行 は 行 ま〜ら行 アルファベット
アーモンド油 バラ科植物、アーモンドの種子より採取したオイルで、ヘントウ(扁桃)油とも呼ばれています。オレイン酸が主成分で80%前後含まれており、酸化による変質を防ぐため、ビタミンEなどの酸化防止剤と併用されます。肌を柔軟にするほか、水分保持効果があります。(Sweet Almond oil)
アシタバエキス セリ科植物、アシタバの葉から抽出した天然エキスで、ビタミンA・B・K、フラボノイド、有機酸、ミネラルを含みます。細胞活性や血行促進、保湿効果が高く、収れん作用、止血作用もあります。新陳代謝を促して皮膚の細胞機能を高め、ベタつきやニキビの原因となる過剰な皮脂の分泌も抑えます。(Angelica extract)
アスコルビン酸 ビタミンCの別称。水に溶けやすい酸性で、果実など天然植物中に広く存在します。強い抗酸化作用があり、メラニン色素の生成を抑え、日焼けによるシミ・そばかすを防ぎ、コラーゲンの生成を助ける働きがあります。皮膚への浸透性はなく、水に溶かした状態では時間とともに活性を失うため、製品はほとんどが粉末状です。最近では安定した誘導体が開発されています。(Ascorbic acid)
アボカド油 クスノキ科植物、アボカド(日本名はワニナシ)の実から得られるオイルです。化粧品には精製されたものが使用され、オレイン酸、リノール酸などの不飽和脂肪酸が多く、その他パルミチン酸、ミリスチン酸、ステアリン酸、ビタミン、レシチンが含まれています。皮膚への親和性や柔軟性があるため、表皮に浸透し、うるおい効果が得られます。(Avocado oil)
アラントイン 白色の粉末で刺激を和らげる働きがあり、消炎作用があります。傷を癒す効果から、やけどや湿疹などの薬としても使われています。ニキビや肌荒れの改善のために使用されます。 (Allantoin)
テオフィリシランC アルギン酸メチルシラノールカルボキシメチルテオフィリン。アルギン酸とメチルシラノールカルボキシメチルテオフィリンの反応生成物。 スリミング効果のほか、コンディショニング剤、保湿剤、肌荒れ防止剤としても使用されます。リパーゼ酵素にアデノシン一リン酸を化学的な信号として送りこむことでホルモンが放出され、脂肪分解を促進します。さらに沈着した脂肪の代謝を促進するよう、シラノール(活性ケイ素誘導体)と結合されています。(Theophyllisilane C)
アルニカエキス キク科植物、アルニカの花から抽出したエキスで、フラボン、タンニン、トリテルペン等の成分を含みます。収斂作用、消炎効果、鎮静効果、保湿、血行促進効果があり、肌荒れやニキビなどの肌トラブルを防ぐ目的で配合されます。ボディ用マッサージクリームでは血液の抹消循環改善によるセルライト除去作用が期待されます。(Arnica extract)
アルブチン 美白作用のある植物成分。メラニン色素合成の鍵を握るチロシナーゼという酵素の活性を抑え、日焼けによるシミ、そばかすを防ぎます。(Arbutin)
アロエエキス アロエベラの葉から抽出されるエキスで、保湿作用・消炎効果があります。皮膚の創傷治癒やメラニン生成の抑制、紫外線吸収効果もあり、日焼け止めなどにも使用されます。(Aloe vera gel)
イチョウエキス 天然のイチョウの葉を乾燥させ成分を抽出したもの。毛細血管を保護するフラボノイドや、血栓をできにくくするギンコライドなどの有効成分が相乗的に働き、血行促進、保湿効果、皮膚柔軟性、シミ・そばかすの防止などに効果があります。(Ginkgo extract)
エタノール 一般に言うアルコールのこと。殺菌作用や清涼作用があり、ヘアトニックやデオドラント製品に配合されます。また、肌の引き締め作用、様々な成分の溶解を助ける作用、防腐作用もあり、みずみずしさやさっぱり感を必要とする製品には重要な成分の一つです。(Ethanol)
塩化Na 収斂効果があり、肌のキメや毛髪のキューティクルを整える目的の化粧品に配合されている。また感触改良や製品の安定化のために配合されることがある。(Sodium chloride)
オキシベンゾン B波紫外線を主体に吸収し、肌の損傷を防ぎます。多くのUVケア化粧品に、紫外線散乱剤の微粒子酸化チタン、酸化チタン、酸化亜鉛などと組み合わせて配合されています。(Oxybenzone )
オタネニンジンエキス サポニンや糖タンパク質、アミノ酸、ビタミンなどを含み、抗酸化作用や保湿効果、血行促進、抗炎症作用が期待されます。そのため、肌荒れやニキビ、フケ痒み、抜け毛、アンチエイジングなどに効果的で、基礎化粧品やヘアケア商品などに配合されます。(Ginseng extract)
オタネニンジン(スマ)エキス スマ(ブラジル朝鮮人参)エキス。「スマ」は南米のアマゾン川流域などに自生するや天然植物。南米では、朝鮮人参のような万能薬的(アダプトゲン)として、精力増強や若返りの為の強壮剤や様々な疾患治療等に利用されます。サポニンやアミノ酸、ビタミンのほか、植物性ホルモンなどを含み、ホルモンバランスを整える作用も認められています。(Suma extract)
オリーブ油 モクセイ科オリーブの熟した果実から採取したオイル。不飽和度が高く、オレイン酸やリノール酸、パルミチン酸を含んでいます。皮膚に対して親和性がよく、肌を柔軟にし、水分の保持効果にも優れています。(Olive oil)
オレイン酸ソルビタン オリーブ油や米ヌカ油などから得られるオレイン酸と、糖から得られるソルビトールやソルビットとの反応により得られる成分です。乳化安定剤として、化粧水、乳液、クリーム、石けんのほか、口紅などのメイク品にも使用されています。(Sorbitan oleate)
オレイン酸デシル 天然油脂を原料にしたオレイン酸とデシルアルコールのエステルからなり、油分を補い、肌をすこやかに整える成分として利用されます。湿潤潤滑力、浸透力が高く、肌を柔軟にする効果があります。(Decyl oleate)
オレス−16 オレインアルコールに酸化エチレンを付加したもので、界面活性剤やクレンジング剤、乳化剤、肌荒れ防止剤などとして用いられています。(Oleth-16)

このページのトップへ
ソフィアコーポレーション サイトポリシープライバシーポリシー会社案内お問合せサロンオーナーさまへ