English    Site Map
トップページ レジュビについて レジュビ製品のご案内 レジュビのプロフェッショナルトリートメント よくあるご質問
トップページ 成分データ > は 行

レジュビの配合成分データ
お肌の悩みに応えるスキンケアコラム
肌タイプ別のおすすめスキンケアステップ

 クレンジング
 モイスチャライジング 
 エイジングケア
 アクネケア
 ブライトアップ
 アイケア
 アディショナルケア

お問合せ・ご質問はこちらから
あ 行 か 行 さ 行 た 行
な 行 は 行 ま〜ら行 アルファベット
パール 真珠に含まれるコンキオリンアミノ酸は良質のタンパク質で、一種のコラーゲン繊維を含んでいます。真珠や貝殻から抽出されたエキスは細胞賦活に大きな役割をもたらします。また、親和性に優れ、保湿を促すだけでなく、肌をなめらかにし、日焼けによるシミやそばかすを防ぎ、肌のキメを整えます。(Pearl powder)
パパイン パパイヤ科植物、パパイヤの果実から得られるエキス(タンパク質分解酵素)。白色〜淡黄色の粉末で、水に溶けて酵素活性を発揮します。古い角質を除去する働きに優れ、毛穴の汚れを取り除く目的の洗浄剤やパックに配合されます。(Papaya extract /Papain)
パルミチン酸イソプロピル メイクをなじませる油成分、エモリエント成分として使用されます。油性感がなく、低粘性、浸透性がよく、スキンケア、メイクアップ化粧品に使用されます。油っぽくなく軽い感触の成分です。(Isopropyl palmitate)
パルミチン酸レチノール パルミチン酸(飽和脂肪酸)とレチノール(ビタミンA)のエステルの事で、安定的なビタミンA誘導体です。表皮細胞活性化作用や皮膚保護効果があり、シワ対策化粧品によく配合されます。(Retinyl palmitate)
パンテノール パントテン酸のアルコール型誘導体で、ビタミンB郡のひとつです。肌荒れ、皮膚細胞の活性化、肌の弾力性や保水性、肌本来の抵抗力の強化などに効果的で、老化対策の製品にも使われます。また、毛髪の促進を促す効果もあります。(Panthenol)
パントテン酸Ca ビタミンB5。繊維芽細胞促進作用、細胞修復作用、抗炎症作用を有します。ネイルケアにおいては、爪に柔軟性を与え、ヒビや亀裂の症状を低減させる目的で配合します。(Calcium pantothenate)
ヒアルロン酸Na ヒアルロン酸分子の中に非常に多量の水分を含むことができ、強力で効果的な保湿成分です。乾燥から肌を守り、キメの整った肌を維持・回復するための、様々な化粧品に配合されています。 また、コラーゲン系の成分やその他の保湿成分などと組み合わせると相乗効果も得られます。(Sodium hyaluronate)
ビオチン ビタミンHとも呼ばれ、ビタミンB群に分類される水溶性ビタミンの一つです。脂肪代謝系に関する働きを持つ補酵素で、医薬品として皮膚病の予防や治療に用いられているため、健康な肌を維持する目的の化粧品に配合されています。(Biotin)
ビオフラボノイド ビタミンP(フラボノイド)。生の果物や野菜の中にビタミンCとともにある水溶解性の成分で、体内のビタミンCの吸収を促進します。抗酸化剤としてビタミンCの酸化を防ぎ、炎症とアレルギーの防止に役立ちます。(Bioflavonoids)
ヒドロキシプロピルセルロース 天然の繊維素セルロースを水に溶けるように処理したもので、その溶液は一般に高い粘度を示します。また、化学的に不活性で他物質と反応しにくいため、乳化粒子や顔料粒子の分散安定性を助け、パウダーファンデーションなどの結合剤、頭髪化粧品やパックの皮膜形成剤として使用されます。(Hydroxypropyl cellulose )
ヒマワリ種子油グリセリド キク科植物、ヒマワリの種子から得られたオイル。脂肪酸組成はオレイン酸、リノール酸、パルミチン酸で、リノール酸の多いことが特徴です。柔軟効果、水分の蒸発を防ぐ効果に優れ、肌を乾燥から守る目的の化粧品に、他のオイルと混合して配合されます。(Sunflower seed oil glyceride)
ヒマワリ油 キク科植物、ヒマワリの種子から得られたオイル。脂肪酸組成はオレイン酸、リノール酸、パルミチン酸で、リノール酸の多いことが特徴です。柔軟効果、水分の蒸発を防ぐ効果に優れ、肌を乾燥から守る目的の化粧品に、他のオイルと混合して配合されます。(Sunflower oil)
ピリドキシン 水溶性のビタミンB6で、タンパク質や脂質の吸収を助け、免疫を強化するといわれています。抗炎症作用や皮脂の分泌を抑える作用があり、ニキビや肌荒れ、日焼けなどに対して効果的です。(Pyridoxine)
ピリドキシンHCl ビタミンB6の化学名、ピリドキシンの塩酸塩で、水に溶けやすく、アルコール類には溶けにくい性質です。生体内のタンパク質や脂肪の代謝に重要な役割を果たし、不足すると様々な皮膚病を引き起こすことから、ニキビや肌あれを防ぐ目的で化粧品に配合されています。 (Pyridoxine HCI)
ピロ亜硫酸Na ピロ亜硫酸のナトリウム塩。保湿効果の目的で配合されるほか、抗酸化作用があり還元作用もあるため、美白化粧品に配合されます。酸化防止剤等として、成分の安定を目的に使用されることもあります。(Sodium Metabisulfite)
フィトナジオン スーパービタミンKと呼ばれる成分で、通常のビタミンKよりも肌に浸透しやすく、細胞が生まれる真皮に直接働きかけて肌の代謝を活発にします。また、血行を良くしてキズの治りを早める効果があるといわれています。(Vitamin K1)
フェノキシエタノール グラム陰性菌に対して強い抑制効果があり、従来より防腐成分として配合されていたパラペン類の代わりとして配合されてきています。(Phenoxyehanol )
ブドウ種子油 グレープシードオイル。ブドウ科植物、ブドウの種子から抽出される、さらりとした肌なじみのよいオイルです。リノール酸を多く含み、ビタミンE含有量が高く、酸化に対して安定的です。また、活性酸素の発生を抑制し、抗菌作用に優れています。単なる柔軟・保護成分として用いられるのではなく、積極的なトリートメントが期待できます。(Grape seed extract)
プロピオン酸レチノール ビタミンA(レチノール)とプロピオン酸(脂肪酸)のエステル。レチノール本来の働きを維持したまま、肌でレチノールに変化して効果を発揮する、高安定・持続型「ビタミンA誘導体」。角質層の保湿性を高め、肌を柔軟にします。(Retinyl Propionate)
変性アルコール 変性アルコールとは、糖類の醗酵などによって得られるエタノールに、アセトンやメタノールを加えたもの。化粧品の成分を溶かす目的や清涼感を与える為に使用します。エタノールと同様に、殺菌効果や収れん効果もあります。(SD-40)
ポリソルベート 安全性の高い界面活性剤です。乳化力や分散力に優れています。ポリソルベートの後ろの20.40.80などの数字は、数字が小さいほどオイルに近くなり、大きくなるほど水に近くなります。(Polysorbate)
ポリメタクリル酸エチル 乳化成分(界面活性剤)です。化粧品に適度な粘度を与え、皮膚へのなじみや感触をよくする働きがあります。また、化粧品に配合される油分と水分を均一に混合し、エマルジョンを作る作用に優れています。(Polyglyceryl Methacrylate)


このページのトップへ
ソフィアコーポレーション サイトポリシープライバシーポリシー会社案内お問合せサロンオーナーさまへ