English    Site Map
トップページ レジュビについて レジュビ製品のご案内 レジュビのプロフェッショナルトリートメント よくあるご質問
トップページ 成分データ > さ 行

レジュビの配合成分データ
お肌の悩みに応えるスキンケアコラム
肌タイプ別のおすすめスキンケアステップ

 クレンジング
 モイスチャライジング 
 エイジングケア
 アクネケア
 ブライトアップ
 アイケア
 アディショナルケア

お問合せ・ご質問はこちらから
あ 行 か 行 さ 行 た 行
な 行 は 行 ま〜ら行 アルファベット
酢酸トコフェロール 皮膚に含まれている酵素でビタミンEであるトコフェロールに変化し、肌への活性効果がある成分です。皮膚への血液循環をよくする働きもあります。(Vitamin E acetate)
酢酸レチノール ビタミンA(レチノール)の酢酸誘導体です。表皮組織の代謝に重要な働きをもち、肌の保護作用があります。これが欠乏すると、皮膚は乾燥し、吹き出物やにきびが出来る原因となります。ビタミンA(レチノール)やビタミンA酸(レチノイン酸)に比べて刺激がおだやかで、高い安定性と浸透性があります。(Retinyl acetate)
サリチル酸 代表的なBHA成分。AHA(フルーツ酸)と働きは似ていますが、脂溶性で脂になじみやすく、毛穴につまった皮脂を溶かしながら浸透することができるため、ニキビケアには特に適しています。水に溶けないため、アルコールに溶かして使用しますが、揮発すると浸透がストップするため、オーバーピールなどのトラブルになりにくい特徴があります。AHA(水溶性)と複合的に使用することでアクネケアに相乗効果を発揮します。雑菌の繁殖を防ぎ、角質層を柔軟にします。(Salicylic acid)
酸化亜鉛 収れん効果や消炎効果があり、カラミンローションやボディーパウダーなどに使用されます。また、透明感ある白色顔料としてファンデーションや粉白粉などに、紫外線遮断効果により紫外線カット製品にも使用されます。(Zinc oxide)
酸化チタン イルメナイトなどの天然鉱物から得られる白色の微細な粉末で、光の屈折率が高く、カバー力が高い白色顔料です。紫外線遮断効果も高く、サンカット商品には欠かせない原料の一つです。(Titanium dioxide)
シア脂 シアの種子から得られる植物油脂で、シアバターとも呼ばれています。乾燥や日やけから肌を保護し、皮膚を柔軟にする働きがあります。常温ではバター状の個体ですが、体温で溶ける性質があるため、化粧品の感触をなめらかにして使用感を高め、浸透をよくします。保護・保湿剤としてクリームや美容液などに使用されています。(Shea butter)
シクロメチコン 徐々に揮発することが特徴のシリコン系油性ベースで、低粘度でさっぱりした感触です。他の成分に起因するベタツキを防ぎ、塗布時の拡がりや伸びを良くします。また、汗などでも崩れずべたつきを防ぐので、ウォータープルーフの日焼け止めやメーク等にも配合されます。オイルフリーの製品にオイル代わりに配合されることもあります。(Cyclomethicone)
ジパルミチン酸アスコルビル ビタミンCを油溶性にして安定化したビタミンC誘導体です。化粧品にはビタミンCとして、肌あれ、シミ、そばかす、日焼け、雪やけなどに対する予防、効果を目的として使用されています。 (Ascorbyl dipalmitate)
ジメチコン 最も代表的なシリコーン油です。乳化物などを作るときに気泡を取り除くための消泡剤として、スライド性の高いことから感触の調整として、撥水性が強いことから耐水性の高い皮膜をつくる目的としてなど、幅広く使われています。通常の有機物油脂やオイルと比較して、熱・光・水分などによる劣化がすくなく、腐りにくく安定しています。(Dimethicone)
酒石酸 酒石酸は、植物界に広く存在し、特にブドウに多く含まれるAHA成分(フルーツ酸)の一種です。pHを調整剤として使われるほか、ピーリング剤として使用されます。皮膚の古い角質をとりのぞき、加齢や日焼けなどが原因で衰えた新陳代謝を高める働きがあります。(Tartaric acid)
シルク カイコガの繭から得られる絹繊維より得たフィブロイン(絹たんぱく質)の粉体です。肌あたりの滑らかな粉体で、パウダーファンデーションのほか、感触改良のためにクリームや美容液などに配合されることもあります。(Silk powder /Silk protein)
ステアリン酸 牛脂やヤシ油から鹸化分解して得た脂肪酸を、ステアリン酸として精製します。アルカリと一緒に配合して石けんをつくり、乳化剤としてクリーム、乳液、ファンデーションなどに使われています。クリームにおいては固形オイルとして、感触や安定性を増すために使われることもあります。(Stearic acid)
ステアリン酸PEG−100 ステアリン酸のポリエチレングリコールエステルで、親水性の高い界面活性剤です。化粧品に適度な粘度を与え、皮膚や毛髪になじみ、製品の感触をよくする働きがあります。また、化粧品に配合される油分と水分を均一に混合し、エマルジョンを作る作用に優れています。(PEG-100 stearate)
ステアリン酸グリセリル 3つの水酸基を持つグリセリンとステアリン酸を結合させて得たノニオン合成界面活性剤です。乳化作用、分散作用、浸透作用があり、主に乳化剤として、品質を安定に保つために用いられます。腐敗や酸化もされにくい性質があります。(Glyceryl stearate)
ステアレス−16 ステアリルアルコールに酸化エチレンを付加して得られる、安定した非イオン性界面活性剤です。乳化力にすぐれており、クレンジング剤、乳化剤などとして各種化粧品に用いられています。(Steareth-16)
セイヨウキズタエキス ウコギ科植物、セイヨウキズタの茎や葉から抽出されたエキスで、サポニン、フラボノイド、有機酸などの成分が含まれています。消炎作用、抗炎症作用、洗浄作用があり、ニキビや肌あれ防止の目的で配合されます。(Ivy extract)
セタノール ヤシ油、牛脂から還元して作り出す、ロウ状の固体油分です。乳化の安定性を高める効果があるため、多くのクリームや乳液に配合されています。肌になじみ、強力な皮膜を作るため、乾燥から肌を守る化粧品に適しています。(Cetyl alcohol)
セテス−16 セタノールに酸化エチレンを付加重合して得られる非イオン性界面活性剤です。非常に安定した型であり、乳化剤としてクリームやローションをはじめ、各種化粧品に用いられています。(Ceteth-16)
ソウハクヒエキス クワ科植物、マグワまたはその同属植物の根皮から抽出されたエキスで、フラボノイドやクマリンなどの生理活性成分を含んでいます。美白効果があり、紫外線によるメラニンの合成を抑え、シミ・そばかすを防ぎます。その他、消炎効果、保湿効果、育毛効果など、幅広い働きを持っています。(Mulberry extract)
ソルビン酸K ソルビン酸のカリウム塩にあたる有機化合物で、主に食品添加物の保存料として使われています。化粧品ではその防腐効果により、製品の安定性を保つために配合されます。(Potassium sorbate)

このページのトップへ
ソフィアコーポレーション サイトポリシープライバシーポリシー会社案内お問合せサロンオーナーさまへ